Home>二葉苑ブログ>2014年10月

2014年10月

カレンダー体験

カレンダー体験

http://www.futaba-en.jp/news/2014/10/2015-1.php

 

今年のカレンダー体験の柄は二葉苑では通称「南蛮亀甲」と呼んでいます。

インドの更紗を日本に持ち込んだ南蛮船と、亀甲文様を合わせた柄です。

私事ですが、この柄を見る度に地元福岡県のお菓子「なんばん往来」を思い出しています。

 

工房担当

2014102813355.jpeg

落合ほたる・スタンプラリー イベント終了 

20141028124743.jpg先週の土日は落合ほたる・スタンプラリーでした。天候にも恵まれ、盛況のうちに終了いたしました。

スタンプラリー完走者の方も数百人いらしたようです!

二葉苑にもたくさんの方々に足をお運びいただきまして、ありがとうございました。

普段は立ち入ることのできない工房内もご案内させていただきましたが、皆さん楽しんでいただけたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

また、この2日間に染色教室の生徒さんの作品展も開催いたしました。見ごたえのある力作揃いで、

来年の作品展も楽しみです!

 

2014102813219.jpg

20141028131156.jpg   

落合ほたる・スタンプラリー「工房案内」

20141023101134.JPG10月25、26日の落合ほたる・スタンプラリーでは

普段入る事の出来ない工房内を一般公開いたします。

職人さんの作業や道具を間近に見ることのできる機会ですので、是非足をお運びください!

 

二葉苑より今年は特別ゲストといたしまして

結城 奥順さんと草履屋さんを工房にお呼びしています。

 

 

【工房案内・時間】

11:30~・13:00~・14:00~・15:00~・16:00~ 

※染色作業は「工房案内」の時間帯に行います。作業を見学されたい方は時間を合わせていらしてください。こちらの時間帯以外も見学可能ですが、作業をしていない場合がございます。

干場のその後と スタンプラリー・工房からのご案内

20141022132352.jpgたたんであるので分かりにくいのですが着尺4反、帯8反が重ねてあります。

干場 からおろした後「蒸し水洗を済ませたし終了!」という雰囲気ですが、、、ここから検品して次の工程に行きます。

商品として完成した物や、これから加工(染め)にまわす白生地は湯のし屋さんへ。柄を伏せる物、このまま引き染めする物、直す物など。

 

そんな、普段なかなか見る機会のない湯のし屋さんをはじめ、江戸小紋、東京友禅の工房に入れる「落合ほたるスタンプラリー」がいよいよ今週末となりました!

天気も良さそうです!

 

二葉苑では工房の中を見学できるのはもちろん、

(※染色作業は「工房案内」の時間帯に行います。作業を見学されたい方は時間を合わせていらしてください。

その時間帯以外も見学可能ですが、作業をしていない場合があります。

「工房案内」の時間は後日改めてブログに載せさせていただきます。)

 

気軽に参加できる「判子染め体験」

(※こちらはコースター2枚に好きな判子を選び、好きな色でつけるワンコイン500円の体験です。

お子様でも参加できます!)

を行います。

 

ほかにも見ていただきたいものがたくさんです!!

過去ブログでもスタンプラリー情報をチェックしてくださいね!

 

 

工房担当

今日のお届けもの

2014102114212.jpg乾燥大豆です。

北海道産です。

食用です。

 

大豆を水につけおき、ふやかし、すり潰した(ミキサーで)「呉」を濾します。

出てきた水分を「呉汁」と呼び、染める前の地入れに使います。

『呉を絞って出てくる汁』で「呉汁」ですね。

 

二葉では先日紹介した「ふのり」とまぜて使う事がほとんどです。

 http://www.futaba-en.jp/blog/2014/10/post-15.php

生地によって割合を変えたりします。

 

 

 

先日初めて知ったのですが、「呉汁」という郷土料理が全国各地あるのですね。

「呉」を味噌汁の具として使うそうです。

土地によって「呉」以外の具はいろいろのようですが、栄養たっぷりですね。

『呉を入れた味噌汁』で「呉汁」。

 

 

これを知ってから、工房で呉汁を作っていると食べ物にしか見えなくなりました。

 

工房担当

 

カレンダー見本完成

2015カレンダー見本2015カレンダー染色体験の見本が染上がりました。

これはあくまで見本。

色の入れ方は染める方の自由です。

染め方でイメージが変わります。

20141018112212.JPG

 

 

 

←こちらが染める前

左側に防染糊で柄が付いてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓色を挿してゆきます。(右側のサンプルを染めているところです)

この後、二葉苑にて蒸し洗いの加工をしてみなさまにお渡しします。

20141018112911.JPG

大変ご好評を頂いております

お申し込みは是非お早めに、お待ちしております!

 

20141018112823.JPG

ある日の引き場とその後の干場

20141018111417.jpg20141018111454.jpg

Facebookにも載っていましたが

 https://m.facebook.com/somenosatofutabaen?_rdr

ある日の引き場は扇祭りでした。小物用なので、一反を二色に染め分けます。

 

そしてその後の干場。

せっかくなので、Facebookに載ってなかった方の地色をご紹介。

一面扇だらけです。

 

工房担当

ある日の伸子さん

ある晴れた日に日向ぼっこさせてもらえました。

久しぶりに金魚さんにも会えました。

次第に風が強くなっても気付いてもらえませんでした。

夜まで存在を忘れられていました。

2014101411336.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伸子さん放置してしまいごめんなさい!

 

工房担当

今日の鍋の中身

2014101115406.jpgふのり(布海苔)です。

食品など、いろいろな用途のあるふのりです。

染め屋ではふやかして、トロトロに煮て使います。

呉汁にまぜて、地入れに使います。

 

工房担当

カレンダー体験見本 作製中

10月31日(金)・11月1日(土)に開催します2015二葉苑カレンダー染色体験の見本を作製中です。

日付と型絵の柄部分、地色は工房で染めて準備をしております。

左側の型絵のグレーの部分は糊で“防染”してあります。

体験ではその糊の付いてない部分を染めていただきます。

20141011104156.JPG

20141011103813.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが染めているところ。

糊の付いて無いところを染めてゆきますが、少々はみ出しても大丈夫!

糊が“防染”してくれているので染まりません。

小学生のお子様や細かい作業が苦手な方でもお楽しみ頂けます。

この後蒸し、洗いの作業を行うとグレーの糊の部分が落ち、きれいに柄が現われます。

‥‥‥写真ではなかなか分かりづらいですね

染はいろいろ技法があり、やってみないと分からないところがあると思います。

この機会にぜひ体験してみて下さい。

どう仕上がるかはまた後日に公開致しますのでお楽しみに!

PAGE TOP