Home>二葉苑ブログ>「六、手挿し染め」って?
二葉苑ブログ

「六、手挿し染め」って?

こんにちは。

7月の大染色祭、「六 手挿し染め」って…どんなものなの?

と、思いますよね。簡単にご説明します!

 

予め糊伏せをして、柄の部分にだけ色が付く様に準備した生地を染めて頂きます。

素材は麻100%(タテ約35㎝×ヨコ約50㎝)です。

2015612143959.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*グレーの部分が糊で

白い部分の、柄に小刷毛で色を付けます。

 

2015612144244.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*染料は10色 ↑↑↑

ご用意してあります。

この中から、お好きな色で染めて頂きます。

制限時間は1時間30分

 

 

 

2015612144634.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*なるべく薄い色から濃い色の順番で染めると良いです。

染料の付け過ぎにご注意!

ボタボタに付け過ぎると糊が溶けてしまい、仕上がりに影響します!

 

2015612145642.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*制限時間内に白い柄の部分を全て染めて下さい。

 

全部染めて頂いたら、終了です。

この後、お預かりをして蒸して水洗いをします。

お渡しまで約2週間ほどかかります。発送をご希望の方(送料別途)は、

体験当日お申込みください。

 

 

 

201561215219.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*糊が取れて完成すると、こんな感じです。↑↑↑

こちらの見本は5色で染めました。

 

 

 

201561215424.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*3色で縞に染めたものです。↑↑↑

 

 

 

201561215532.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*10色で染めたものです。↑↑↑

これは時間がかかります。手早く進めないと制限時間内には終わらないかもしれません。

 

オススメは5色~3色!

とても楽しい体験ですので、是非お申込み下さい!

お待ちしておりま~す。

                                      手挿し担当 鈴木

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futaba-en.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/153

PAGE TOP