Home>二葉苑ブログ>染色祭・型染め
二葉苑ブログ

染色祭・型染め

7/3~染色祭、今日は型染めのご紹介です。

お好きな半衿と型を選んでいただき染めていきます。

半衿は塩瀬、夏の絽の他、色付きのものなどいろいろございます。

2015623154148.JPGまずは使用する道具・染料(顔料)、刷毛、型など

201562315419.JPG

染めの作業自体はシンプルです。

型を置いた生地に刷毛で染料を摺り込んでいきます。

染料を付け過ぎないのがコツ。ほんの少しでしっかり染まります。

こまめに型紙をめくって染め具合を確認しながら染めすすみます。

染め過ぎたら戻れません!

2015623154546.JPG2015623154627.JPG

2015623154716.JPG201562315484.JPG

型紙は一枚ですが、お好みで数色組み合わせたり、一色でボカシで濃淡を付けても

きれいです。

2015623155449.JPG2015623155524.JPG

こちらは薄いブルーと緑でボカシ染め。

襟元の左右に柄が来るように染めました。襟の後ろはすっきり白です。

全体に柄付けも時間内ならOKです!

左右で色を変えるなど工夫次第でオリジナルな半襟ができあがります!

お着物好きな方はお好みの一枚を手作りしてみてはいかがですか?

2015623161857.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futaba-en.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/157

PAGE TOP