Home>二葉苑ブログ>浴衣染めレポート③
二葉苑ブログ

浴衣染めレポート③

さあ、浴衣の体験レポート第3弾です!

今回はこれで最後になります。

今年に入ってから体験にきてくださったお客様です。

201925163627.jpg最初は黒一色で染める予定でした。

色々過去のサンプルなどを見て、ベースは黒、花の模様のある部分のみチャコールグレーにすることになりました。

色は、来てからもどうしても悩んでしまう方が多いですね(*^_^*)

ですが、だいたいの方が初志貫徹でしょうか。多少の変更はあっても最初に戻ります。

ということで、まずはグレーの部分をキワはぼかしながら染めて行きます。

 

201925164343.jpg次にグレーをよけながら黒を染めて行きます。

この時も刷毛の染料を調節しながらグレーの中にぼかし込んで行きます。

地色の黒がムラにもならないよう。ぼかすのに神経を使いますし、止まることも許されません!!!(大変だったと思います!)

 

 

 

201925165046.jpg作業中は数時間立ちっぱなしになる事がほとんどですが、皆様一生懸命でつらく感じないようです。

15mはけっこう長いのです・・・

染め方によっては1時間かけてやっと半分・・・

なんてこともございます。

 

 

 

 

201925165254.jpg

花の模様部分をグレーにしたのには理由が。

花の中心を赤く挿すためです!

うーん、とてもいい感じです!

 

 

 

 

 

 

201925165443.jpg染め終わり、裏からみたところです。

素敵!の一言です。

この綿紅梅の透け感、そこに白の型疋田。黒地にグレーのぼかし、さらに赤の挿し色。

黒とグレーの境目がまた一段階薄くなっているところもいいですね。

こんな着物を夏に着ている方、素敵ですし、恰好良過ぎです。

そして、まず居ません!なんと言ってももお客様のオリジナルの配色、染め方ですから。

どのように仕上がったのか・・・・

 

 

 

もちろん、ほかにない素敵な反物が出来上がりました。

 

20192517627.jpg

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.futaba-en.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/807

PAGE TOP