Home>二葉苑ブログ>イベント情報

イベント情報

大染色祭第7弾 木版染め

更紗工法はインドからポルトガル船によって長崎に上陸し、長崎更紗、京更紗、そして江戸更紗と変化していきました。

複数枚の型紙を使用し、複雑な色を重ねていく染工法で、独特の色合いと重厚感を表現します。

その、ルーツであるインドでは型紙ではなく「木版」を使用します。

2017621164151.JPG2017621164219.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この木版を使ってどう染めるのでしょう。。

まずは糸目のように枠を染めます。

2017621164525.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この上に型紙を複数枚使用して色を入れていきます。

2017621164614.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、このように柄に色が染まり、完成します。

201762116478.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをトートバックに染めて組合わせると、自分だけの柄のバックが完成。

とっても珍しい工法なので、ぜひ、年に一度のこの機会を逃さずに。。。ご予約下さい。

 

二、木版

インドの染色工房意から取り寄せた木版と工房の型紙をコラボレーションさせた少し変わった体験です。インドのエキゾチックな文様で普段使いのトートバックを染めていきます 

材  料 トートバック

参加費用 ¥2500円

募集定員 各回8名

 

大染色祭特集第四弾 はんこ染め

大染色祭特集第四弾は「はんこ染め」です。

染色祭の中で一番手軽に出来るのがはんこ染。ですが、なかなか奥が深い染めなんです。

2017614143633.JPG

 

 

たくさんのはんこの中から、

お好きなものを選び、

お好きな色で布用のインクで押していきます。

 

 

 

201761414441.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

   

こちらは半衿に染めている所です。

お好きな所へお好きな色で組合せは無限です!

2017614144450.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはエコバックに野菜柄など

201761415194.JPG

2017614152024.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バッグなどご用意しておりますが、ご自分で染めたいものをお持ち下さい。

足袋やTシャツ、手提げなど、お手持ちの物をリメイクも出来ますよ。

 

※綿、麻、絹素材がおすすめです。化繊は素材により色落ちする場合があります。

 撥水加工のしてあるものには染まりませんのでご注意下さい。

 

親御さんと一緒でしたら小さいお子様でも出来ます。

体験と体験のあいまでも良し、じっくり取り組むのも良し。

随時受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

大染色祭特集第三弾 更紗型染め

大染色祭の第三弾は、「更紗型染め」

当苑で毎回満員御礼に近い人気の染めです。

更紗工法は複数枚の型を使い、少しづづ染めていく大変手の込んだ染めの技法です。今回は13枚の型紙を使い、6色の色を染めていきます。本格的な更紗の体験ができる貴重な機会です。

今日はその型紙の何枚かをご紹介いたします。

①小さく白い部分に色を摺り込んでいきます。まずは緑いろ

201762164050.JPG

 

 

 

 

 

 

 

②次は何色にしますか!

201762164142.JPG

 

 

 

 

 

 

 

③次は青

201762164352.JPG

 

 

 

 

 

 

 

複数枚の型紙をずらさないで、ピッチリあわせすのはどうやるのでしょうか。ここにプロの技が!!

④星があります!13枚の型紙すべてにこの印があります!!

201762165831.JPG

 

 

 

右下にある印

 

 

 

 

 

左上にある印がこちら

20176217023.JPG

こうやって型紙を複数枚使用して、

染めていくます。

 

 

 

続く。。。。。。

大染色祭り特集第二弾 うちわ染め

うちわを染める?イメージがつきませんよね。

今回のうちわ染めは「板締め」と言い、板を使って染め分ける方法を活用して、和紙に色を

染めていきます。最後に竹のうちわに木工用ボンドで張り付けて仕上げをすれば、独自の

世界に一つしかない「うちわ」が完成します。

※板締めについてはこちらを参照してください。

http://www.futaba-en.jp/blog/2017/05/post-267.php

和紙のサンプルはこちら、この柄はどんなふうに折ると、出来るのでしょうか。。。

201761161634.JPG20176116179.JPG

 

 

 

 

 

 

201761161810.JPG竹のうちわを乗せて、ボンドで接着

サイズを切り落として、完成!

残った部分は、厚紙に張って、しおりにするでもよし、カードケースにだってたっちゃうかも。

大染色祭特集第一弾 手挿し染め

ランチョンマットやタペストリーに、テーブルセンターにも!利用はお好みで!タペストリーに飾った後、テーブルセンターにしても良し。使い勝手の良いこちらの商品。体験は、色を染め分けていく、「手挿し染め」です。

その過程を写真でお見せします。

まずは、柄の一番わかりやすい部分から、刷毛を使って染めます。少しづつ染まってる部分が増えてきます。

 

201753117144.JPG201753117234.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ネズミ色にみえる部分は糊伏せがしてあります。

201753117048.JPG

 

一番面積の多い部分を染めます。

 

 

 

 

201753117324.JPG

配色はご自分の好みで、地色は何色にしますか!

今回のご紹介のサンプルでは青色です。

 

 

 

201753117710.JPG糊をおとして、乾かすと完成!!

糊伏せ部分に生地色が出てきて、はっきりとした菊の模様が染まります。

 

 

 

ご興味ある方!定員に限りがありますので、ご予約をお早めに。。。

 

季節柄染め体験5月21日6月18日

201751195936.JPG開催日:5月21日(日)、6月18日(日)

時 間:13:30~16:30

体験料:¥6,480(税・生地込み)           

予め糊置きされた柄に手挿しを施し、蒸し・

水洗までの工程を体験していただきます。

生地は約60cm×39cmの紬地、柄部分は

直径24cmございます。配色はご自由に!

5月6月は七夕のの節句柄です。

 

 

季節柄染めの今後のスケジュール

7月16日・8月20日:中秋柄

9月17日・10月22日:収穫祭

11月19日・12月17日:正月

このほかにもカレンダー染めなどもご準備しております。

 

お問い合わせ・ご予約は二葉苑ギャラリーまで TEL:03-3368-8133   e-mail:gallery@futaba-en.jp 

テーブル茶道~武者小路千家~有吉守聖

茶道には興味があるけど敷居が高くてなかかなか踏み切れないし、
正座も出来から、、なんて躊躇されている方いらっしゃいませんか。
そんな方にピッタリの教室を開催します。テーブルでの茶道になるので気軽。
服装も自由。もちろん着物を着ての参加も可能です。
何より細かいルールの理解よりは「お茶を楽しむ」事に軸を置いての教室になりますので、
お気軽に参加下さい。
開催回数は3回セットで15000円(一回での参加は不可)。
開催日時:6月18日/7月16日/8月20日
時間:11時~13時
料金:15000円(税込)(一括払い)
場所:二葉苑ギャラリー
講師:有吉守聖

受付はコチラ

info@traditional-colorist.org

※予約受け付けは二葉苑では出来ませんのでご了承下さい。

2017510134812.jpg

プロフィール

肥後細川藩 上卿家老 有吉男爵家の22代当主。

幼少期より裏千家流茶道及び肥後古流茶道に親しみ、防衛大学卒業後幹部自衛官として勤務するかたわら、武者小路千家流に入門

平成11年茶道教授資格取得

平成14年家元直門となる。

平成20年 流儀最高位の相伝を許される。

平成26年第11旅団長 陸将補を最後に防衛省を退官し、武者小路千家流茶道「両忘会」を設立。

平成27年 不徹斎家元から道名「守聖」拝受

平成29年 武者小路千家流正教授 就任

現在、両忘会主宰。千駄木、恵比寿、上落合において茶道教室開設。NHKBSプレミアム「美の壺」、BS日テレ「森クミ食堂」、

AERA15年4月6日号「自分と向き合う和の教養」はじめ、取材受け多数。新宿伊勢丹「OTOMANA」茶道講師、

日本橋三越本店「はじまりのCafe」茶道講師等。

--


 

 

ぬくぬく・お客様作品集

祝日だけ開催される「ぬくぬく」の名称を皆様ご存知でしょうか。

「ぬくぬく」は「温かい」ではありません。

染の工法は沢山ありますが、その中でも、「抜染」と書いて、「バッセン」の出来る工房は少ないです。

絹が高価だった時代、一度染めた反物を染め直す為に真っ白に「色抜き」する「抜染屋」さんが

二葉苑の二件隣にもありました。

この工法をアレンジし「型を使って色を抜き、柄を付ける(柄を抜く)」事を「ぬくぬく」と呼んで体験メニューにしました。

ゴールデンウィークは多くの方が「ぬくぬく」体験されました。

その作品がこちら、皆様了承を得て掲載しております。本当に素敵です。

20175510213.JPG201755102135.JPG201755102213.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201755102257.JPG201755102321.JPG 20175610632.JPG      

 

 

 

 

 

 

 

 

201756101416.JPG201756101436.JPG201756101458.JPG

 

 

 

 

 

 

 

201756101527.JPG201756101547.JPG

GW

天候に恵まれたゴールデンウィークになりましたね。

先週からスタートしました「春のきものまつり」。

先週は染色体験や展示会にと、たくさんの方々で賑わいました。

20175316511.jpg全部見れませんが、蒸し終わりこれから水元に行く半幅帯たち。

ご来苑ありがとうございました。

 

 

 

 

さて、今週も二葉は元気に営業しております。

今週はてぬぐいの板締め体験・バッグやT-シャツなどの抜染体験・春色帯揚げの型染め体験を行っております。

これらは気軽にできる体験なので、予定にもし空きがあればぜひお越しください。

20175316731.jpg

 

抜染は本日も開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

201753161041.jpg板締めは明日のために準備中!

20175316629.jpgこちらは春色の帯揚げ。お好きな型紙を選んで摺り込みます。

 

 

 

 

 

 

同時に今月の型絵染め体験も準備が始まってます。

サンプル作りの途中まで。

今月、来月は七夕柄です。

201753154930.JPG20175315500.jpg

 

 

 

 

 

完成品はまた後日アップいたします。

お楽しみに!!

201753155123.jpg

4月~5月の染め物体験

2017415121543.docx

明日4月16日は型絵染め(季節柄染め)がございます。

2017415121810.JPG節句のお祝にいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

4月28日・49日は半幅帯の体験があります。柄(2種類)色(7色)、生地(2種類)が選べます。

2017415121953.JPG201741512216.JPG2017415122253.JPG

 

 

 

 

 

 

4月30日はカラー診断付浴衣体験です。カラー診断は、伝統色彩士による診断です

2017415132110.jpg2017415132132.jpg

PAGE TOP