Home>二葉苑ブログ

二葉苑ブログ

「染める学び舎」~名古屋帯 型絵染体験

6/29,30「染める学び舎」開校します!

例年の「大染色祭」をリニューアルして、より深い体験をご用意しました。

そのうちの一つ「名古屋帯 型絵染体験」をご紹介します。

「芭蕉の葉」                                 「つるくさに花」 

201852994723.JPG201852994751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋帯型絵染め体験のながれ

体験当日以前に2柄からあらかじめご希望の柄をお決め下さい。

二葉苑にてお太鼓、腹紋に柄を防染糊で糊置き、地入れの作業を済ませておきます。

当日はあらかじめご用意した染料から、ご自分の使いたい色を作っていただき、その後染めの作業になります。

生地は天然のベージュ色の野蚕糸使いの正絹紬地です。

帯は二葉苑にて蒸し・洗いの後、後日お渡しになります。

別途お仕立ても承ります。

 

体験代:体験+仕立代:\60.000-(税込)※染める学び舎特別料金

時間:10:30~15:00

    ※10:30~15:00の予定ですが、かかる時間に個人差があるため、染めの終わった時点で各自終了になります。

      (12:00~13:00はお昼休憩になります。)

 

定員:4名/1日

 

時間の目安

10:30~11:30 色づくり

11:30~12:00 腹紋の染め

12:00~13:00 昼休憩

13:00~    腹紋・お太鼓の染め

 

グレーの部分が防染糊。

糊の無い部分を染料で染めてゆきます。

染料を付け過ぎなければ滲む事は無いので、失敗は少ないです。

20185299573.JPG20185299581.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お太鼓・腹紋の柄の部分をすべて染めて完成です。

 

この後二葉苑にて蒸し・洗いをし、湯のしに出して完成、仕立てに回します。(柄はお太鼓と腹紋の位置につきます。)

201852995911.JPG


2018529101525.JPG

てぬぐいの型彫り

二葉苑にある柄から手拭いをおこす事になりました。

手拭いのなると、普段使用している2・3倍の大きさになります!!!

さりげなく社紋も入れ、あともう少しで彫り終わります!

(ナイフの先にあるのが二葉苑の社紋です)

201852212018.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり次第、紗張りに出して「つり」を落としてもらいます。

商品として出来あがるのは、季節はずれ。。。冬になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おあつらえ

少し前に納めた商品になりますが、とても刺激になったものがあるのでご紹介します。

 

お客様からのご要望で生地と柄のご指定、仕上がりイメージをいただきました。

2018512165113.jpg写真上がご指定の柄。

写真下がご希望のイメージ。柄の色の指定で、地色は淡い渋ローズのような指定でした。

もちろん違う柄。

イメージ写真の帯は弊社とは違う技法の物・・・

お客様からは「信頼して任せます!よろしく!」とお言葉をいただきますが、お互いどう仕上がるのか想像もできていない状態です(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはほぼ染め終わった状態の写真。

201851217621.jpgここまで染めるのに、迷いで刷毛を持つ手が止まってしまう事も。

柄が違うと、配色のイメージがあっても、とても難しい事を再確認させていただきました。

お客様のお好みを想像し、着用する場面の事などを考えながら・・・

迷いながら不安になりながら、「任せていただいてるのだから自信をもとう!」と葛藤しながらの作業。

悩む事が多かったのは、弊社ではあまりしない配色だという事もあるかもしれません。

長年やっていると、「だいたいこうすれば大丈夫、だいたいこんな雰囲気」というものがどこか出来あがってしまいます。

だからこそ、このようなお誂えの仕事は普段とは違う緊張感と刺激をいただき、勉強になります。

 

 

 

 

 

 

こちらは仕立て上がって来たところです。

201851217744.jpg糸目の糊が取れて印象が明るくなってますね。

ここまで来ると、「ああ、本当に無事終わった!!!」と実感いたします。

しかし、お客様が実際に見た時の反応を聞くまではずっとどこかに不安があるものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの帯はお客様に喜んでいただけたようで、もしかしたらアメリカに一緒に行くことになるかもしれないそうです。

海外の方にも見てもらえるなんて、嬉しい限りです。

 

染めの着物や帯のご相談はお気軽にどうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週開催!染色体験

5/3~5は板締め体験とぬくぬく・抜染体験を開催します!

まだお申込みは間に合いますので是非足をお運び下さい。

ご予約はお電話、又は二葉苑HPの「今月の催しもの」から賜ります。

 

板締め染色体験

5/3.4.5

時間 13:30~14:30

体験料:¥2,052-(税込、手ぬぐい1枚付)     

2018322114718.JPG色はピンクとキミドリ

板にはさんで染料に浸けます。

どんな柄になるかは開いてみてのお楽しみ!

 

※若干写真の色と違う場合がございます。

 

 

 

 

 

そしてもう一つは祝日に定期開催

ぬくぬく・抜染体験

5/3.4.5

時間: 13:00~

体験料:2,700円(税込)

色の濃いTシャツなどお好きな素材をお持ちいただき、お好きな型紙で抜染剤の入った糊で抜いていきます。


20185117179.jpg

二葉苑いろいろ

明日まできもの祭、教室作品展を開催中です。

2018427145523.JPG写真は新作、

近江縮(綿)の着尺に麻の染帯、夏のコーディネイトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会期中、たくさんのお客様に足をお運びいただきありがとうございます。

その中でお客様が以前に弊社で染めさせていただいた着尺をお持ち下さいました!

201842714363.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のお母様の着尺を染直しさせていただきました。

こちらの着尺の仕立て上がり、どうなっているかお分かりになりますか?

 

2018427143920.JPGもともとブルー地に葉っぱの柄のついたお召の生地に

抜染で二葉苑の柄を付けました。(白い線画の部分)

 

そして身丈の足りない分を

胴の部分に別生地を足してお仕立てされています。

着た時にその部分は見えません。

 

こうして古いきものが生まれ変わりました。

新しい生地を染めるばかりでなく、思い出の品を染めかえて新しく生まれ変わらせる事の出来るのも染屋の醍醐味です。

 

もしお手元に気になるお着物をお持ちでしたらば是非ご相談下さい!

 

 

 

 

 

 

春のきもの祭今週末まで

今週も引き続き春のきもの祭、二葉苑染色教室作品展開催中です。

 

新作のご紹介です。

市松によろけ縞・夏着尺。

それぞれ違う生地に染めています。(黒~グレーは夏結城、藍~ブルーはよろけの大島)

201842417053.JPG写真では手触りや透け感が伝わらないのが残念です!

是非実物をご覧ください。

201842417437.JPG201842417841.JPG

4/28まで・春のきもの祭

春のきもの祭、二葉苑染色教室作品展始まりました。28日まで開催中です!

きもの祭は新作展示の他、名古屋帯のセールなども(2F展示室にて)

 

2018420143731.JPG2018420143751.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018420143937.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーでは草履、小物の彩月工房さんをお迎えして展示販売もしております。

草履はもちろん、バッグなどの小物や羽織物なども

後日お渡しになりますが、草履のお直しなどもお受けいたします。(かかと取り替え¥1.500~など)是非ご相談下さい。

2018420163751.JPG2018420163820.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室展は2F展示室にて(11:00~17:00)どなたでもご覧頂けます。

染色教室に興味をお持ちの方はこの機会に是非実際の作品を見に来て下さい!

2018420163927.JPG2018420164040.JPG2018420164154.JPG

春のきものまつり⑥

”春のきのもまつり”

いよいよ明日からです♪♪♪

ギリギリまで新作も染めて、前日である今日あがった物も・・・

本日の干場です。

2018418183952.jpgブログ“春のきものまつり④”に載せた夏物、市松によろけ縞。

13mの縞、すべて手描きです。

手描きならではの縞一本一本の表情を、ぜひ近くで見ていただきたいと思っています。

もちろんほかにも新作多数あがってます。

 

 

 

 

 

2F展示室では、生徒さんにご協力いただき、「染色教室作品展」も綺麗に飾ることができました!!

201841818495.jpg先に帰ってしまわれた生徒さんもいますが、最後に記念写真。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

ギャラリーではいつもご好評いただいております特別ゲスト、草履屋さんも!

二葉苑にお越しの際はギャラリーから2F展示室までゆっくりご覧下さいませ!!!

「春のきものまつり」は明日、19日から28日までです。

 

 

 

 

春のきものまつり⑤

引き場での作業、進んでます。

ブログ”春のきものまつり②”に載せていた帯です。

201849181012.jpg201849181036.jpg

 

 

 

 

 

 

 

二反つけたのですが、こちらは夏生地。

色挿しの途中です。

夏空に映えそうな明るい彩色になってます。

 

こちらは”春のきものまつり④”に載せた小地谷縮みです。

201849181357.jpg201849181418.jpg

 

 

 

 

 

 

紺色の方です!

皆様の予想外の色に染まってるのではないでしょうか!?

元々は薄紫の生地。あられ部分に残っています。

 

両方、糊を落とした後が楽しみです。

春のきものまつり④

”春のきものまつり”に向けての商品作り、板場での作業は一段落です。

あとは引き場での色挿しや引き染めです。

夏着物も数反つけています。

こちらは今回の大本命、正絹夏物の”市松よろけ縞”になるもの。

201847171725.jpg前回染めたものはたくさんの反響をいただき、無事嫁いで行きました。

今回は生地・色違いで2種類、染め進めています。

正絹ならでは・手染めならではの風合い、美しい透け感を見ていただきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは綿の小地谷縮み。

20184717253.png先染めの生地に小紋をこれから乗せて引き染めですが、予想外の色で染めます。

きっとほかには無い良い物が出来ると思います。

 

が!!!

これは現場泣かせな染め出し。

地張りだけで30分以上かかりました。

苦労したその分、思い入れも強くなります。

仕上がりをお楽しみに。

 

 

 

 

PAGE TOP