Home>二葉苑ブログ

二葉苑ブログ

さくらカフェ最終日

今日は「さくらカフェ」最終日でした。

さくらは今日までしっかり咲いてくれました!

同じく最終回だった「さくら色染め体験」もたくさんの方にきていただきました!

201946152535.JPG

さくらの前で記念写真も撮らせていただきました。

皆様すてきな笑顔です。

喜んでいただけたようで、私どもも嬉しく思っております。

 

 

 

 

 

今月の開催の特別体験は、半巾帯と板締めです。

また、12日からは「染色教室展示会」と「春のきものまつり」を開催いたします。

201946153619.jpg201946153823.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201946153915.jpg半年かけて製作した、力作揃いです。

ぜひ覗きにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

201946154121.JPG「春のきものまつり」では先日染め上がったものを仮絵羽で展示。

また新作もございます。

ほかにも、白生地を展示販売いたします。

大量の白生地を見る機会はなかなかありません。

ぜひご覧にいらしてください。

 

 

展示会や体験などの詳細は追ってお知らせいたします。

 

 

 

4月2日の桜と先月の季節柄染め体験

「令和」 新年号も発表されましたね。

新たな時代が始まります。なんとも、キラキラした気持ちになります。

 

20194210334.JPG今朝の二葉苑の桜です。

満開の一歩手前ですよ!

まだ、散り始めていません(*^_^*)

 

 

 

 

 

201942101451.JPG午前中は日が当らないので、咲くのもゆっくりなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

201942101821.jpgそして、こちらは毎月第3日曜日の季節柄染めの皆様。

皆様、桜の柄でした。

染めてその日に持って帰られるので、季節を先取りして楽しめます。

きっとまだご自宅に飾ってくださっているんではないでしょうか♪

 

 

 

季節柄染め、今月は「こいのぼり」と「藤と蝶」です。

201942102421.JPG201942102439.JPG

 

 

 

いよいよ浴衣・半巾帯体験が始まります!

まもなく4月になりますね!

もうすでにご予約いただいていますが、着物好きにはたまらない染色体験がもうすぐ始まります。

お好きな柄を選び、自分で好きな色を作り、染められる、ちょっとハードでやりがいのある体験になります。

今回は男女問わず着られる柄を選んでおりますので、浴衣にこだわりたい男性のお申し込みもお待ちしております。

 

まずご紹介するのは市松柄。

来年の夏はいよいよオリンピックです。自分でそめた市松の浴衣で楽しみましょう!!!

市松柄は、カマ(四角)の大きさを選ぶことも可能です。ぜひお問い合わせください。

※男性の方は型の大きさが生地に対応できない場合もございます。お問い合わせください。

2019330175219.JPG2019330175244.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つの柄は切れ取りの縞です。

女性も男性もかっこ良くきめられます!

挿し色で縞を強調したり、オリジナルの浴衣が作れますよ!

2019330175315.JPG2019330175337.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

そして半幅帯。過去の柄からもお選びいただけますし、今回新たな柄も追加しました!

日傘にしたり、じつは名古屋帯に仕立てる方も多いですよ!

 

201933017547.JPG2019330175435.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

201933018133.JPGこちらが新しく選択できる唐草花の柄です。

上だとわかりにくいのですが、よく見て下さい!!!

途中で柄が切り替わっているんです。

左の写真を見るとわかりやすいと思います。

このように、上下で色を変えるとよりオシャレです。

裏表で気分も替えられるのもポイントですね!

 

 

 

浴衣と半巾帯の体験の詳細はHPの「ご予約はこちら」を見ていただくと詳しく記載されています。

 

 

今日の桜とさくら色体験

二葉苑の桜、5分は越えたでしょうか(*^_^*)

上のほうはまだまだ蕾がたくさんです。

数日前はまでそんなにわかりませんでしたが、今日は近くの大正橋から見てもちゃんと桜の色がわかります。

2019329152936.jpg2019329152959.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は初めての「さくら色体験」がありました。

糊置きの写真を撮り忘れましたが、途中から載させていただきます。

2019329153540.jpg糊置きし、乾かしたら好きないろの染液に浸けこみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019329153650.jpg染まったら、洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019329153756.jpg糊が落ちてくると、柄が白く浮き出てきます。

一番楽しい瞬間です。

 

 

 

 

 

 

 

2019329154040.jpg時間があれば、ストーブで乾かしてもらえます。

みんなきれいに桜の柄が出ています♪

 

 

 

 

 

 

 

201932915399.jpg今日は3名様が参加してくださいました。

皆さん喜んでいただきました。

 

来週は、平日冷え込むようです。

ということは・・・

来週末はもしかしたら二葉苑の桜は

散り出しの最高の見頃かもしれません!!!

 

今日の二葉苑の桜

日曜日に新宿御苑の前を通りましたら、観光客で入口から行列していました。

二葉苑の桜はもう少しゆっくり見られますよ♪

 

2019326113543.JPGきれいに咲き始めています。

現在二分咲きくらいでしょうか。

 

 

 

 

 

 

2019326113657.JPG本日より「さくらカフェ」も始まります。

 

 

 

 

 

 

 

2019326123115.JPG晴れた暖かい日には外にテーブルを出します。

川の音と、たまに通る西武新宿線の電車を楽しみながら

お茶とお菓子を楽しめます。

 

 

 

 

 

どうぞ散歩がてらお越し下さいませ。

さくらカフェは4月6日まで。

期間中、週末には桜柄・桜色の染色体験も行っております。

桜とさくら色のきもの

2019322171541.JPG二葉苑の川沿いの桜、ちらほらと咲き始めています。

中井の隠れた桜スポットです♪

 

そしてずいぶん前に、長らく染めていなかった絵羽物の着物も染め終わりました。

せっかくなので、色がふえて行く様子を写真でお楽しみ下さい。

 

2019322172346.jpg2019322172450.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019322172641.jpg2019322172711.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは右袖の部分です。こうやって見ると、色が増えたり、重ねるごとに重厚感がでますね。

どの程度色をのせるかで仕上がりも変わるので、どこで止めるかが大切になります。

 

 

2019322173744.jpg

2019322173833.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

左は柄を染める前、右は同じ場所を少しアップで撮ったものです。

華やかになってます。

メインで色を挿している場所以外はあっさり目、春らしい配色になっています。

これから糊の糸目を落とし、仮絵羽に仕立てます。

出来上がりが楽しみです。

 

4月12日からの「春のきものまつり」で展示しますので、ぜひ遊びにいらしてください。

桜の蕾が色づいてまいりました。カフェは26日~

 

急に暖かくなりましたが、さくらの蕾はゆっくりふくらんでおります。

桜カフェ、3月26日より開催致します。

あちらの通りの桜はさいております。こちらの通りはもう少しゆっくり咲く予定です。

2019320143651.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019320143720.JPG

 

 

2019320143743.JPG

 

 

 

 

 

 

もれなく、西武線の電車も・・・。

桜カフェ、お待ちしております。

3/21春分の日・染色体験

やっと暖かい日が続く様になって来ました。桜の開花ももう少しですね。

3/21春分の日のご予定はお決まりですか?お散歩ついでに染色体験などいかがでしょうか

3/21二葉苑にて二つの染色体験を開催いたします。

お子様連れでもお楽しみいただけます。

二葉苑HPトップページの「予約はこちら」からお申し込みください。

お待ちしております!

ぬくぬく(抜染体験)

2019315135026.JPG2019315135051.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

「染めない」技法を楽しく体験する事が出来ます。お好きな型紙をお選び頂き、抜染剤の入った糊で柄を抜いていきます。

こちらも 職人が丁寧に指導いたしますので、小学生の方でも大丈夫です

(※小学校四年生未満のお子様の場合は保護者同伴でお願いいたします)もちろん大人の方でも楽しく体験できます。

 時間 13:00より約1時間30分〜2時間

体験料 お一人様2,700円税込(当日、二葉苑ギャラリーにてお支払い下さい。)

持ち物 色の濃い(黒や濃紺)、綿100%または絹100%のTシャツやスカーフなど、ご自分で抜染してみたい物を

2点ほどお持ち込み頂けます。

時間内でしたら何カ所でも抜染して頂けます。工房でも黒のトートバッグ(864円)をご用意しておりますので必要な

場合はご予約下さい。

エプロンをお持ち下さい。

*お持ち込みの素材の場合はどのような抜け方になるかはわかりませんがそれも合わせてお楽しみ下さい。

素材によっては抜けにくい場合もございますので予めご了承下さい。

 

トートバッグ型染め染色体験 

2019315135249.JPG201931513536.JPG

 

 

 

 

 

 

 

3枚~の型紙を使い、普段使いのトートバッグを染めます。

こちらで用意した型紙の中からお好きなものをお選び下さい。

職人が丁寧に指導いたしますので小学生の方でも大 丈夫です。

(※小学校四年生未満のお子様の場合は保護者同伴でお願いいたします)    

 

時間 13:30より約1時間30分〜2時間

体験料 お一人様2,160円税込み(当日、二葉苑ギャラリーにて現金でお支払い下さい。体験料の他に下記素材費がかかります。)

素材費 トートバッグA4サイズ(厚地)¥1,620・(薄地)¥540、ランチバッグサイズ¥864 いずれも税込み価格

持ち物 染色の体験ですのでエプロンをお持ち下さい。

※素材の持込不可

 

二葉苑の染色教室

教室は4月からまた新たな作品作りが始まります。

今回は手挿しコースは新規の募集はしておりません。

更紗コース改め「江戸更紗コース」・型絵染めコース改め「江戸紅型コース」は若干ですが、席が空きそうです。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

また、4月12~27日の間、2階展示室にて「染色教室作品展」を行います。

今回載せた写真の完成品が見れますので、ぜひ足をお運びください。

ちょうど「春のきものまつり」も開催しております。

※休館日・展示日時はHPにて詳細をご確認ください。

 

各コースのご紹介です。

 

まずは江戸紅型コース。糊を使った1枚型です。糊置き後、色を挿します。

20193917139.jpg2019391726.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20193917934.jpg20193917101.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201939171050.jpgこのコースはまだできて1年半ですが、とても素敵な柄や見ていて仕上がりが楽しみな作品がたくさんあります!!!

今、灰色に見える部分は糊で、最終的に白くなります。

 

 

 

 

 

 

 

江戸更紗コース。型紙を複数枚使用し、型紙で生地に染料を直接摺り込みます。

201939171857.jpg201939171942.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201939172017.jpgこのように、型を重ねるごとに柄が完成して行きます。

一枚ごと、慎重に。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真をあまり載せていませんが、70点ほどの作品が展示されます。

お散歩がてら、お越しください♪

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館その後・そのほか編

仕立て上がった着物と帯を早く載せたいのですが・・・

その前に、少しよりみちいたしまして、そのほかの作業中の写真もアップさせていただきます。

もし、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館に行き、当苑の染め物を見る機会がありましたら思い出してください(*^_^*)

201938173434.JPG着物と帯が永久所蔵になるのですが、着物には一緒に染めた八掛けも付いています。

 

 

 

 

 

 

 

201938173918.jpg着物のサンプル生地の赤紫をたいへん気に入っていただき、八掛けも同じ色での注文でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

201938174611.JPG蒸して洗って、八掛けも染め上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201938174046.jpgそしてこちらはほとんど写真を撮れなかったのですが・・・

同じ色の帯裏です。

先日載せた帯にも同じ赤紫を使用しています。

 

 

 

 

 

 

 

201938174838.JPG着物の反物も、業者さんに蝋を落としてもらったあと、洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

201938174949.JPG水の中に漂う生地はまた一段と美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

201938175051.JPGこうして、着物、帯、八掛、帯裏の反物が揃いました。

この後、湯のし屋さんできれいにしてもらい、いよいよ仕立てです。

 

 

 

次は仕立て上がったものをお見せいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP