Home>English>Workshop

Workshop

学び・体験・染色の心に触れる「染の里 二葉苑」染色教室

染色教室イメージ

型を置いて、白生地に優しく刷毛を滑らせる。
藍花で描いた下絵に沿って、一筆、一筆、イメージした色を挿していく。
澱みのない静かな空気の流れ。少しずつできあがっていく自分だけの染物。
熟練の技に触れながら至極の時間を過ごす。

自分の手で染めていくからこそ、「味」がある

自分のペースで

定規で引いたような、几帳面な線などはいらない。コンピューターで描いたような精密な図案もいらない。自分の手で、できる範囲でやればいい。花の輪郭線が 多少、震えていてもそれが味というものだ。自分だけの味と思えばいい。線はでこぼこ、色むらがあったって、自分で染めた布たちは、かけがえのない、大事な 逸品になる。
「今、学んでいらっしゃる方々も染色の経験はまったくありませんでした。ていねいに教えて差し上げるよりは、ご自分らしいものをお作りになっていただきたい。そのお手伝いをしています。3年目、5年目という生徒さんもいらっしゃいますよ。」
と話してくれたのは、「染の里 二葉苑」の染色教室でマネジャーを勤める小林慶子さんだ。
教室と聞くと、すぐに「授業」を思い浮かべてしまうが、二葉苑の教室は、授業ではない。手習いごとには違いないが、自分の速度、ペースに合わせて進めるこ とができる。図柄から下絵、そして染色に至るまでをそれぞれが楽しみながら染物を仕上げていくことができるというわけだ。

仕上げていく過程が楽しい

「型染めコース」でも「手挿しコース」でも、何を製作するかを決めるところから始まる。最初はテーブルセンターなどから入る人もいれば、実際に帯を製作していく人もいる。
すべて実際の染色工程に従って、実際に先生である職人たちが毎日している仕事そのままを体験することができる。
まずは自分で図案を考えて簡単なラフスケッチなどを用意していく。ある生徒さんは「染色を始めてからというもの、以前よりも季節の草花を見るようになりま した。美しいと思ったものをスケッチしたり、デジタルカメラに収めたりして図案の元にしています」と、にこやかに語ってくれた。季節の花を表現していくと いうのも素敵なことだ。
「手挿しコース」は、描く図案が決まったら、今度は白生地に、藍花の染料で下絵を描く。持参した図案を見ながら、細い筆を生地の上に走らせていく。少しくらい線が曲がってもご愛嬌といったところだ。
下絵を描き終わると、自分のイメージに合わせて色を選ぶ。花びらはピンク、花びらを取り巻く葉は緑。緑も数種類の色を用意することもある。筆で色を挿していく眼差しは真剣そのものだ。
「型染めコース」は、下絵のイメージに合わせて、実際に型を彫る。小刀を使って慎重に掘り進んでいくが、どんな型が必要かは先生と相談しながら決めてい く。型ができれば、いざ、本番。柄の大きさに合わせて刷毛を選び、染料を着けた毛先を優しく、優しく型の上を滑らせる。一度、2度、ときには何度も自分の 色のイメージに合わせて走らせていく。
刷毛を滑らせていくたびに、そして型を取り替えていくたびに、真っ白な生地に、少しずつ、絵柄が増えて、色が多彩になっていく。
ある生徒さんは、「刷毛の使い方が意外と難しいですよ。よく、『もっと優しく』と指導されることがあります。」と言うが、その表情はどこか楽しそうで、明るい。
「手挿しコース」も「型染めコース」も彩色が終わると、今度は防染糊を塗布し、地色を染めていく。図柄とのバランスを考えて、生徒さんの中には「どんな色をもってくるかも悩みます」と言う人もいるが、それもまた楽しいことだ。

手にしたときの喜び

手にしたときの喜び

地色を染めると、もう完成は目の前だ。水洗いをして防染糊を洗い流して、それぞれの色を定着させるために「蒸し器」に入れる。この作業は教室のほうでやってくれるが、その間は、実際にどんな仕上がりになるのかを心待ちにする時間だ。
「自分の作品を受け取ったときの皆さんは、とてもいい笑顔をしますよ。」と、マネジャーの小林さんもうれしそうに語ってくれた。
染色教室で、自分の手で染めた作品は、それこそ作り手自身のものだ。ショップで買ってきたものとはわけが違う。
「初めて作った作品を主人が褒めてくれて、それ以来、夢中になっています。」と言う生徒さん。また、「最近では息子や娘が批評家気取りで嫌になってしまいますよ。」と話してくれた生徒さん。ともに表情が明るい。家庭の中でも、作った作品で盛り上がっているに違いない。
そして、「自分が染めた帯を始めて着物に締めた時、ちょっと震えてしまいました。友人達にも自慢してしまいました。」という生徒さんもいる。着物の楽しみを自分で見つけた人たちが、自らの手で帯を染めていく。そして、いつもと違う自分を演出していく。
染色は、一度始めるとなかなか辞められないものなのかもしれない。それは自分らしさを表現し、そして何よりも一つの作品として残るからだ。そして、もし、 着物や帯を製作できるようになれば、着物を趣味とする人にとっては「究極の楽しみ」と言うことができる。自分を磨き、そして達成感を得ている。そんな手習 い事も、ちょっといいかもしれない。

染の里 双葉苑の染色教室

20148513211.JPG

初めは小さなテーブルセンターから一年後(応用コース)にはオリジナルの染帯にチャレンジできる 本格派のお教室です。
「絵心がない」「難しそう」そんな事は心配ありません。本職の職人が丁寧に指導いたしますので素晴らしい出来上がりをご期待ください!

初めは、工房で用意した図案からお選びいただいた柄を染めます(50cmの指定生地)
半年後、継続していただくとオリジナルの図案を染める事が出来ます(1mの指定生地)

一年後はオリジナルの図案で帯やスカーフ、半衿、タペストリーなどへの染色が可能な応用コースへとステップアップする染色教室です。

20148513251.JPG

お教室は「型染めコース(更紗枚数型技法)」は第2金曜日(午前or午後)第2土曜日(午前or午後)第3金曜日(午前or午後)第3土曜日(午前 or午後)の8タイプのお時間をご用意しております。「手挿しコース(友禅技法)」は第四金曜日(午前or午後)第四土曜日(午前or午後)の4タイプで す。

「手挿しコース」は 描く図案を決め白生地に藍花の染料で下絵を描きます。下絵を描き終わると 自分のイメージに合わせて筆で色を挿していきます。

「型染めコース」は 下絵のイメージに合わせて実際に型を彫ります。小刀を使って慎重に掘り進んでいき どんな型が必要かは先生と相談しながら決めていきます。型ができれば 柄の大きさに合わせて刷毛を選び染料を着けた毛先を優しく型の上を滑らせます。

受講料

手挿しコース 月一回の計6回 材料費込み 38,000円
型染めコース 月一回の計6回 材料費込み 40,000円
  • 授業をお休みの場合、振替日を設ける事が可能です。(休苑日の日曜・月曜以外の曜日から、先生と相談してお日にちを決めていただきます)
  • 先生とのスケジュールを合わせながらご予約頂き次回授業までに作業を終了させて頂けるようお願いいたします。
  • 振替は有料となります。講師時間外指導料として3,000円となります。

授業日程

型染めコースの日程

型染め第2金曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

型染め第2土曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

型染め第3金曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

型染め第3土曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

  型染め 第2金曜
コース
第2土曜
コース
第3金曜
コース
第3土曜
コース
第一回 図案・型準備 4月11日 4月12日 4月18日 4月19日
第二回 型彫り 5月9日 5月10日 5月16日 5月17日
第三回 型彫り 6月13日 6月14日 6月20日 6月21日
第四回 摺り・地入れ 7月11日 7月12日 7月18日 7月19日
第五回 引き染め 8月8日 8月9日 8月15日 8月16日
第六回 蒸し・水洗 9月12日 9月13日 9月19日 9月20日

手挿しコースの日程

手挿し第4金曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

手挿し第4土曜コース (午前コース10時より 午後コース13時半より)

  手挿し 第4金曜
コース
第4土曜
コース
第一回 図案 4月25日 4月26日
第二回 のり糸目 5月23日 5月24日
第三回 地入れ・手挿し準備 6月27日 6月28日
第四回 手挿し 7月25日 7月26日
第五回 ロウふせ・地染め 8月22日 8月23日
第六回 蒸し・水洗 9月26日 9月27日

一回の授業は通常2時間ですが、第4回目のお教室のみ時間がかかってしまう工程になりますので、午前コースは1時間早い9時始まり・午後コースは13時半始まりの1時間遅れ終了となります 。

いよいよ、4月コースの新規生徒さん募集が始まります!

大変お待たせいたしました。

  • 募集開始は2014年3月18日(火)午前11時〜の先着順になります
    ※先着順のため、お電話でのお申し込みを御勧めいたします
  • お教室へのご応募、お問い合わせは「二葉苑ギャラリー」まで、お願いいたします。

TEL 03-3368-8133

HP上のお問い合わせフォームにて承ります。
ご希望の「コース(手挿しor型染め)」「曜日(第二or第三or第四)(金曜日or土曜日)」「お時間(午前or午後)」 をお問い合わせフォームの内容欄にご記入ください。
※パソコンなど確実に送受信できるアドレスよりご連絡ください。
定員になり次第受付を終了とさせていただきます。

お教室についてご質問等ございましたらお電話・FAX・メールにてお問い合わせ下さい。
TEL03-3368-8133 FAX03-3362-3287 gallery@futaba-en.jp
※パソコンなど確実に送受信できるアドレスよりご連絡ください。
営業日:火曜日〜土曜日 11:00〜17:00
休館日:日曜日・月曜日

PAGE TOP