Home>ニュース

ニュース

染の学び舎速報!スケジュールアップと受け付け開始!

6月に毎年開催されていた大染色祭を改め「染の学び舎」を開催します6月29日・30日です

昨年同様「大染色祭」を開催!と言いたいところですが、「大染色祭」10年を迎えて今までよりはもう少し踏み込んだ職人技に近い体験メニューを提供しようと新しく今年から

染める学び舎と改名して、開催致します。

内容はかなり本格的な染工法ながら、出来あがりは楽しめる企画ばかり。内容を早めにご紹介を致します。

時間プログラムは5月中旬に公開予定です。

PDFはこちらで!印刷可能です。同様にスケジュール表もPDFで印刷可能です

2018525114753.pdf

201854162546.pdf

ご予約はこちらから出来ます。

https://reserva.be/futabayoyaku28

①名古屋帯を自分で染める。

料金:6万円(お仕立て込み・材料費用込み)

 2柄~事前に選び頂き、糊伏せを含めた事前準備を

 職人が行います。名古屋帯を自分で染める。究極の贅沢!

 着物好きにはたまらないお値打ち企画です

20185414255.JPG 20185414229.JPG

 

 

 

 

 

 

 

②更紗柄のメモ帳作り~手帳を自分でつく                      

2018541455.JPG

料金:3500円(材料費込み) 

自分オリジナルのメモ帳をつくります。

10枚の型紙で表紙となる紙に色を摺り込み和綴じにしてメモ長を作ります。(柄色未定)

 

 

 

 

襟を染める!色糊体験(色は未定です)

料金:3300円(半襟)4300円(帯揚げ)        20185414636.JPG

型紙と色のりを使って小紋柄をそめます。染めから蒸し、水洗まで体験出来ます。

帯揚げはスカーフとしても人気です。色未定

 

 

 

④生藍の葉っぱ染体験~スカーフが染められる20185414933.JPG

料金:3800円(スカーフの材料費用込み)           

染料である「藍」を染の里で育て生の葉を摘んで

染料をつくるところから体験します。

絞り染めで柄を色々つけてお子さんも楽しめる体験です

 

 

 

 

 

藍のカフェ5月25日~6月2日まで開催!~染のあいうえお展開催~

100年構想をの初めの一歩。

藍を差で手ています。藍は藍より出でて藍よりも青し。のことわざのように

天然の生葉は優しい青の色。藍の葉はポリフェノールを含み体には良いとの事で、今回藍のカフェを

限定で行います。

5月25日~6月2日まで

藍カフェ開催

藍カフェ:500円(中庭にて藍を観ながらゆっくりとした時間をどうぞ)

 

2018523151751.JPG2018523151814.JPG左の写真は藍染めの風景。こちらは6月29日・30日を皮切りに金曜土酔うと開催されます。

 

 

 

 

 

2018524111645.JPG藍はポリフェノールたっぷりで、体には良いそうです。

熱湯を注いでお茶を煎じて、氷を入れると左のようなかんじ。

味はハイビスカス茶の味のようなかんじです。

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーでは同時に、「染のあお展」を開催中

青色は二葉苑のトレンドカラーだったりします。着物も帯も多いこと。二葉の青をご堪能下さい。

201852411225.JPG2018524112229.JPG201852411234.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2018524112416.JPG2018524112445.JPG

 

 

 

 

 

染の学び舎:名古屋帯編

名古屋帯型絵染め体験のながれ

体験当日以前にあらかじめご希望の柄をお決め下さい。

(芭蕉の葉」か「つるくさに花」のどちらか)

二葉苑にてお太鼓、腹紋に柄を防染糊で糊置き、地入れの作業を済ませておきます。当日はあらかじめご用意した染料から、ご自分の使いたい色を作っていただき、その後染めの作業になります。

10:00~16:00の予定ですが、かかる時間に個人差があるため、染めの終わった時点で各自終了になります。(12:00~13:00はお昼休憩になります。)

生地は天然のベージュ色の野蚕糸使いの正絹紬地です。

帯は二葉苑にて蒸し・洗いの後、後日お渡しになります。

体験+仕立代:\60.000-(税込)※染める学び舎特別料金

時間:10:00~16:00(12:00~13:00昼休憩)

定員:4名/1日

時間の目安

10:00~11:00 色づくり

11:00~12:00 腹紋の染め

12:00~13:00 昼休憩

13:00~ 15:00   腹紋・お太鼓の染め

2018520134746.JPG

 

 

 

 

 

 

201852013493.JPG

染める学び舎~大染色祭改め~職人の技に触れる:

二葉がおくる「男の浴衣」「男の着物」を展示販売中です。

最近は男性の着物姿や、浴衣姿が増えましたね。

個人的な意見ですが、着物、浴衣姿の男子は「何倍も」上がるように感じます!

海外の方の浴衣姿や着物姿もチラホラ見られます。着こなしが日本人の発想にはないような組み合わせで

勉強になることも多いです。

夏前に、「二葉が贈る男子着物・男子浴衣」のご案内です

手染めの男子着物、浴衣を展示・販売しております。

もちろん独自の色と柄をご発注頂く事も出来ますので、ぜひ一度ご来苑下さい。

こちはがその商品の一部です。

20185595824.JPG芭蕉柄の浴衣です。粋でかっこいい。(手前味噌です)

 

 

 

 

 

 

 

20185510014.JPG毘沙門がらの浴衣は仕立て上がってますのですぐに着れてお出かけ出来ます。

 

 

 

20185510038.JPG細かい小紋柄の入った上品な浴衣

 

 

 

 

 

 

 

20185510123.JPG綿着物に袖だけ「抜染」を施した、人気シリーズ「袖遊び」

色をぬく事で柄をつける工法で、普段着着物を「おしゃれ着着物」へ

大変身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

染める学び舎~大染色祭改め~職人の技に触れる

昨年同様「大染色祭」を開催!と言いたいところですが、「大染色祭」10年を迎えて今までよりはもう少し踏み込んだ職人技に近い体験メニューを提供しようと新しく今年から

染める学び舎と改名して、開催致します。

内容はかなり本格的な染工法ながら、出来あがりは楽しめる企画ばかり。内容を早めにご紹介を致します。

時間プログラムは5月中旬に公開予定です。

PDFはこちらで!印刷可能です。

201854162546.pdf

①名古屋帯を自分で染める。

料金:6万円(お仕立て込み・材料費用込み)

 2柄~事前に選び頂き、糊伏せを含めた事前準備を

 職人が行います。名古屋帯を自分で染める。究極の贅沢!

 着物好きにはたまらないお値打ち企画です

20185414255.JPG 20185414229.JPG

 

 

 

 

 

 

 

②更紗柄のメモ帳作り~手帳を自分でつく                      

2018541455.JPG

料金:3500円(材料費込み) 

自分オリジナルのメモ帳をつくります。

10枚の型紙で表紙となる紙に色を摺り込み和綴じにしてメモ長を作ります。(柄色未定)

 

 

襟を染める!色糊体験(色は未定です)

料金:3300円(半襟)4300円(帯揚げ)        20185414636.JPG

型紙と色のりを使って小紋柄をそめます。染めから蒸し、水洗まで体験出来ます。

帯揚げはスカーフとしても人気です。色未定

 

 

 

④生藍の葉っぱ染体験~スカーフが染められる

料金:3800円(スカーフの材料費用込み)           20185414933.JPG

染料である「藍」を染の里で育て生の葉を摘んで

染料をつくるところから体験します。

絞り染めで柄を色々つけてお子さんも楽しめる体験です

 

 

 

 

半巾帯染体験~キャンセルにつき緊急募集!2名限定20,520円→19,000円へ

急募集致します。

5月12日10時半~15時まで

半巾帯染め体験の2名様キャンセルが出ました。

つきましては、20520円のところ19000円にお値段を安くご提供致します、

柄はざくろ柄限定ですが、半巾帯や、日傘などに使えます。日傘の場合は布が余るので花緒にも!もしくはバックにも出来ます。

自分だけの日傘半巾帯を今年誂えてみませんか?

詳細は以下です

■半巾帯4m綿麻生地を染める~ざくろ柄限定■

日時:5月12日 10時半~15時

料金:19000円(税込)(材料費用込)

持参:エプロン・水分補給他

緊急募集につキャンセルはご勘弁ください。

201854102421.JPG

 

宜しくお願い致します。

ご予約はメールにて受け付けます。info@futaba-en.jp

 

 

半巾帯体験開催予定~5月19日20日 6月16日17日 3時間~4時間程度で染めます!

帯を染める、なんて考えられないかもしれません。

初めての方はドキドキして「そんなの無理かも」と思うかもしれませんが、出来ちゃうんです。

しかも一日の参加で、4時間程度で完成します。

もちろんそのための下準備は職人がばっちりしておきます。

染める時の手ほどきも、もちろん致します。

だから、、、初めての方でも「上手」に染められるんです。

流れはこんな感じ

①柄を決める

2018413101513.jpgつゆ草柄

 

2018413101610.jpg

裂れ取り柄

 

 

 

②予約する。https://reserva.be/futabayoyaku288 柄のご希望を備考欄に入れて下さい。

③地色を決める。→メールでも結構ですので、ご連絡頂ければ、事前に色をおつくりしておきます。ただし上記の色(裂れ取り柄見本の色)

その場で決めると焦っちゃうかもしれません。帯染を倍に楽しむ方法として、上記の写真を色黒プリントアウトして

それをコピー機で白黒反転コピーします。(コンビニコピー機でも機能がついてるかも。。。)数枚コピーして

色鉛筆で配色を色々楽しみます。それだけでもわくわくしますが、最終的にどのような配色にするかを決めて

おくと当日迷いません。。。。。ただし、ここで重要な事は難しい事は避ける!事。例えば、「染分け」は非常に難しいです。時間もかかlります。

なので初めての方はまず「地色一色」を大きな刷毛で染めて、その上から部分的に色を入れる方法が無難です。

色鉛筆で好きな色を※濃いめの地色は挿し色が目立ちません。ぬります。その上から柄の部分に色を入れます。

すると色が混ざりますから、一体感が出て、初めての方でも「違和感」なく作品が仕上がります。

そんな遊びをして、当日の染日を迎えると、倍楽しめます。

④当日来苑頂きます。エプロンをご持参下さい。

⑤地色を染めます。

⑥乾くのを待ちます。

⑦上から部分的に染めます。時間内一杯染めて下さい。

終了です。

この後、糊を落とし、湯のしに出す作業は二葉苑で行います。これで完成です。お仕立てもご依頼頂ければ可能ですし、「日傘」に仕立てることもできます。

こんな風に「自分でつくる,お誂え」を楽しんでみませんか。

詳細

■半巾帯体験■

日時:5月19日2日 16日17日 7月14日15日

時間:10;30~15時頃まで

費用:20,520円(税込・材料費用込み)

持ち物:エプロン

定員:8名/日

 

   

板締め体験のお知らせ!!5月3日4日5日13時半~

GWの染色体験のご案内です。

体験は2種類、どちらも親御さんと一緒ならばお子様でもご参加いただけます。

是非足をお運び下さい。

 

板締め染色体験

5/3.4.5

時間 13:30~14:30

体験料:¥2052-(税込、手ぬぐい1枚付)     

2018322114718.JPG色はピンクとキミドリ

ワンポイント用の色も何色かご用意しています。

※若干写真の色と違う場合がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

201832211511.JPG2018322115129.JPG

 

 

 

 

 

 

 

2018322115224.JPG

板にはさんで染料に浸けます。

どんな柄になるかは開いてみてのお楽しみ!

 

 

 

浴衣体験募集中!世界に一つの浴衣を染める!

昨年の浴衣体験はひった柄。こちらは昨年ご自分で染めた方が、浴衣を着て来苑頂きました。

その写真。本当に素敵ですね。

黒を着こなせるともっと、もっと、着物生活に巾が出るのだろうけど、、、、こちらは毎月第一木曜日に着付け教室を行って頂いている

渡辺みずほ先生です。素敵だわ。。

201831812194.JPG

 

 

 

 

 

 

今回の浴衣体験の芭蕉がらはこんな挿し色も出来ます。芭蕉とは、ご存知かもしれませんが、「バナナ」の葉。松尾芭蕉はこの葉が好きで、

芭蕉庵と言われたご自宅の軒先には芭蕉の木を植えていたとか。南国の葉なのに、着物柄に合うなんて不思議ですね。

201831812526.JPG

 

 

 

 

 

芭蕉柄で色は鼠色に赤や青を挿してます。

 

2018318125316.JPG

 

 

 

むじな菊の紫の地色に濃い紫を挿してます。

 

 

 


2018318125425.JPGから草菊の柄に鼠色の地色、に緑や赤を挿してます。

PAGE TOP